悪阻(つわり)の症状と原因

つわりが重度になった症状を妊娠悪阻(にんしんおそ)と言います。
はっきりした原因は不明ですが、ホルモンバランスや心理状態、栄養面などの要因が原因で起こるとも言われています。

スポンサードリンク

つわりで嘔吐が続く為に食事が進まず、栄養のバランスが崩れ、ミネラルや水分までも不足してしまい、内臓に様々な障害が生じ、重症化してしまう場合があります。
病院などで適切な処置をしてもらう事で改善できますが、妊娠悪阻が悪化してしまうと人工妊娠中絶をしなければならない場合もあります。
妊娠中体が辛い時はしっかりと休養を取る事が大切です。

「つわり」の症状は下記のようなものです。
・1日5回以上の嘔吐がある。
・食事の量がそれまでの半分以下になる。
・体重が5キロ以上減少する。
・気分が悪くて起き上がることも出来ない。

また、つわりの症状がひどくなり進行してしまうと「悪阻」になります。
悪阻は症状により1〜3の段階に分けられます。

【1段階】
脱水症状を起こして低栄養状態になり、嘔吐が止まず何度も繰り返してしまいます。
・空腹時に胃液や胆汁を吐く。
・尿量が減少する。
・体重が減少する。

厳重な管理を行い鎮痛剤、心理療法、鎮吐薬、補液療法、対処療法などを中心として治療を行います。

【2段階】
中毒症状を起こし、肝機能障害、陣機能障害、物質代謝障害などの症状が現れます。
・激しく体重が減少する。
・脈拍が速くなる。
・熱が出る。
・黄疸が出る。

集中管理室において管理を行い、やむをえない場合は人工妊娠中絶を行います。

【3段階】
意識障害、脳症状などが起こります。
・神経症状が出る。
・反射が低下する。
・自然流産や母体死亡などに至る

(鈴木正彦 産婦人科治療 参照)

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

妊娠届 出生届 出生証明書の届出
【妊娠届】 妊娠届は、母体やこれから生まれてくる赤ちゃんの健康を保護する事を目的......
妊娠1〜2ヶ月の母体と胎児
「出産予定日」は最終月経の初日から数えて280日を足した日として算出されます。 ......
妊娠3〜4ヶ月の母体と胎児
妊娠全期はその時期毎に下記のように分類されます。 1.妊娠初期(2〜4ヶ月) 2......
妊娠中の食事の注意点
妊娠中、お腹の中の赤ちゃんはお母さんの胎盤を通して栄養を受け取ります。 ですので......
出産育児一時金と低出生体重の届出
今日は出産後の「出産・育児一時金」と「低出生体重」の届出の事についてお話します。......
妊娠5〜6ヶ月の母体と胎児
妊娠はとても神秘です。 小さな小さな受精卵が十月十日を経て3000グラムあまりの......
妊娠後期の食事の注意点
胎児の発達は妊娠の後期に盛んになります。 この時期はつわりの時のような食欲不振に......
妊娠前期の食事の注意点
妊娠中は母親の体の中で大きな変化が起こっています。 妊娠していない時以上に食事は......
妊娠中に受ける検査
妊娠中は、妊娠の経過に伴い、様々な検査が行われます。 今日は妊娠中に受けるべき検......
妊娠9〜10ヶ月の母体と胎児
妊娠中の経過期間は下記のように分けられています。 1.妊娠初期(2〜4ヶ月) 2......
妊娠7〜8ヶ月の母体と胎児
妊娠中の経過期間は下記のように分けられています。 1.妊娠初期(2〜4ヶ月) 2......
妊娠中のお酒と喫煙
嗜好品のお酒やタバコは妊娠中に限らず度が過ぎると健康に害を及ぼすと言われています......
妊娠中の生活や家事
妊娠は病気ではありませんので、経過に異常がなければ、日々の生活は出来る限り普通に......
妊娠中の検査
妊娠中は経過に応じて受けるべき検査が様々あります。 そして、それは必ず受けるべき......
腹帯と妊娠
妊娠5ヶ月を過ぎると「腹帯(ふくたい)」を付けます。 戌の日の安産祈願の時などに......
妊娠中の性生活
妊娠中の性生活は禁止というわけではありません。 しかし、回数を少なめにしたり、清......
妊娠中の薬剤の使用や予防接種
妊娠中には日々の生活の中で気をつけなければならない事が多くありますが、特に薬の服......
静脈瘤,下腿痙攣,立ちくらみ,貧血
妊娠中には、体に様々な変化が起こりがちです。 つわりや悪阻(おそ)、腰痛などはよ......
妊娠中の頻尿,便秘,痔
妊娠中におとずれる体調の変化について、一番よく言われるのがつわりや悪阻(おそ)、......
妊娠中のつわりと腰痛
妊娠中には体に様々な症状が現れます。 つわりや腰痛などはとても一般的ですが、その......
流産の原因と種類
流産とは、赤ちゃんが妊娠22週未満で体外に出る事、妊娠が終了してしまう事を言いま......

▲このページのトップへ