流産の原因と種類

流産とは、赤ちゃんが妊娠22週未満で体外に出る事、妊娠が終了してしまう事を言います。
残念ながら妊娠22週未満で体外に出てしまった赤ちゃんは現在の医学では育つ事が不可能なのです。

スポンサードリンク

流産の症状としては、まず出血があります。
それに前後するような感じで下腹部に痛みが起こり、軽く張る程度だった腹痛が徐々に激しくなり、陣痛のような周期的な痛みに変わっていきます。

しかし、流産は安静を保ち、早期に適切な処置を行う事で防ぐ事が可能です。
医師の診察を受け、安静にしたり薬などで流産を食い止める事もできます。
それでも妊娠の継続が不可能になってしまった場合は早めに病院において処置をしてもらいます。

流産には様々なタイプがあります。
原因も色々ありますが、自然流産の場合、受精卵の染色体異常が直接的な原因ではないかと考えられています。

・習慣流産
・完全流産
・進行流産
・切迫流産
・不全流産
・稽留流産(けいりゅうりゅうざん)

下記に流産の原因を挙げてみました。

【胎児側の原因】

・胎盤(たいばん)や臍帯(さいたい)の異常
・胞状奇胎(ほうじょうきたい)

【母体側の原因】

下記の原因の他に、転倒や圧迫などの外部からの衝撃や、激しい下痢も流産の誘因となり得ますし、性生活も原因となる場合があります。

・心臓病
・子宮筋腫
・妊娠中毒症
・子宮奇形
・肺結核
・腎臓病
・急性伝染病
・黄体ホルモン不足
・頸管無力症(けいかんむりょくしょう)

【父親側】
精子の異常

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

妊娠届 出生届 出生証明書の届出
【妊娠届】 妊娠届は、母体やこれから生まれてくる赤ちゃんの健康を保護する事を目的......
妊娠1〜2ヶ月の母体と胎児
「出産予定日」は最終月経の初日から数えて280日を足した日として算出されます。 ......
妊娠3〜4ヶ月の母体と胎児
妊娠全期はその時期毎に下記のように分類されます。 1.妊娠初期(2〜4ヶ月) 2......
妊娠中の食事の注意点
妊娠中、お腹の中の赤ちゃんはお母さんの胎盤を通して栄養を受け取ります。 ですので......
出産育児一時金と低出生体重の届出
今日は出産後の「出産・育児一時金」と「低出生体重」の届出の事についてお話します。......
妊娠5〜6ヶ月の母体と胎児
妊娠はとても神秘です。 小さな小さな受精卵が十月十日を経て3000グラムあまりの......
妊娠後期の食事の注意点
胎児の発達は妊娠の後期に盛んになります。 この時期はつわりの時のような食欲不振に......
妊娠前期の食事の注意点
妊娠中は母親の体の中で大きな変化が起こっています。 妊娠していない時以上に食事は......
妊娠中に受ける検査
妊娠中は、妊娠の経過に伴い、様々な検査が行われます。 今日は妊娠中に受けるべき検......
妊娠9〜10ヶ月の母体と胎児
妊娠中の経過期間は下記のように分けられています。 1.妊娠初期(2〜4ヶ月) 2......
妊娠7〜8ヶ月の母体と胎児
妊娠中の経過期間は下記のように分けられています。 1.妊娠初期(2〜4ヶ月) 2......
妊娠中のお酒と喫煙
嗜好品のお酒やタバコは妊娠中に限らず度が過ぎると健康に害を及ぼすと言われています......
妊娠中の生活や家事
妊娠は病気ではありませんので、経過に異常がなければ、日々の生活は出来る限り普通に......
妊娠中の検査
妊娠中は経過に応じて受けるべき検査が様々あります。 そして、それは必ず受けるべき......
腹帯と妊娠
妊娠5ヶ月を過ぎると「腹帯(ふくたい)」を付けます。 戌の日の安産祈願の時などに......
妊娠中の性生活
妊娠中の性生活は禁止というわけではありません。 しかし、回数を少なめにしたり、清......
妊娠中の薬剤の使用や予防接種
妊娠中には日々の生活の中で気をつけなければならない事が多くありますが、特に薬の服......
静脈瘤,下腿痙攣,立ちくらみ,貧血
妊娠中には、体に様々な変化が起こりがちです。 つわりや悪阻(おそ)、腰痛などはよ......
妊娠中の頻尿,便秘,痔
妊娠中におとずれる体調の変化について、一番よく言われるのがつわりや悪阻(おそ)、......
妊娠中のつわりと腰痛
妊娠中には体に様々な症状が現れます。 つわりや腰痛などはとても一般的ですが、その......
悪阻(つわり)の症状と原因
つわりが重度になった症状を妊娠悪阻(にんしんおそ)と言います。 はっきりした原因......

▲このページのトップへ