腹帯と妊娠

妊娠5ヶ月を過ぎると「腹帯(ふくたい)」を付けます。
戌の日の安産祈願の時などにお守りと一緒に神社でもらったりもしますよね。

スポンサードリンク

これは下腹部を冷やさない効果と、大きなお腹を支えて安定させる役割があります。
しかし、きつく締めすぎるなど、適切に付けないと下半身の血行が悪くなったり、むくみの原因に繋がってしまいます。

では、腹帯の付け方を少しお話しましょう。

1.さらし木綿を二つ折りにします。
2.山折にした部分が下腹部にくるようにして左から右へお腹に当てます。
3.巻き始めの端の部分を出しておいて、緩まないように1回巻きます。
4.二巻き目をするときに、3の出しておいた耳を折り返します。
5.三巻き目は、中央で折り返して更に巻きます。
6.以後、中央や端で布を調節しながら折り返し、巻きます。巻き終わりは安全ピンで留めましょう。
7.巻くきつさは、指2本分くらいの余裕を持って巻きましょう。

腹帯は常に清潔に保てるよう、洗濯がしやすいもの、また通気性の良いものを選びましょう。

また、妊娠中は新陳代謝が盛んになり、おりものもふえるので下着は下記の点に注意して選びましょう。

1.清潔である事
2.通気性がよく保温性が高いもの。
3.軽くて動きやすいもの。
4.吸水性に優れた綿製品

履物は安定性や腰への負担も考慮してヒールの低いものや運動靴などにしましょう。
つっかけサンダルやヒールが高いものは転倒の原因になります。
気をつけるようにしましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

妊娠届 出生届 出生証明書の届出
【妊娠届】 妊娠届は、母体やこれから生まれてくる赤ちゃんの健康を保護する事を目的......
妊娠1〜2ヶ月の母体と胎児
「出産予定日」は最終月経の初日から数えて280日を足した日として算出されます。 ......
妊娠3〜4ヶ月の母体と胎児
妊娠全期はその時期毎に下記のように分類されます。 1.妊娠初期(2〜4ヶ月) 2......
妊娠中の食事の注意点
妊娠中、お腹の中の赤ちゃんはお母さんの胎盤を通して栄養を受け取ります。 ですので......
出産育児一時金と低出生体重の届出
今日は出産後の「出産・育児一時金」と「低出生体重」の届出の事についてお話します。......
妊娠5〜6ヶ月の母体と胎児
妊娠はとても神秘です。 小さな小さな受精卵が十月十日を経て3000グラムあまりの......
妊娠後期の食事の注意点
胎児の発達は妊娠の後期に盛んになります。 この時期はつわりの時のような食欲不振に......
妊娠前期の食事の注意点
妊娠中は母親の体の中で大きな変化が起こっています。 妊娠していない時以上に食事は......
妊娠中に受ける検査
妊娠中は、妊娠の経過に伴い、様々な検査が行われます。 今日は妊娠中に受けるべき検......
妊娠9〜10ヶ月の母体と胎児
妊娠中の経過期間は下記のように分けられています。 1.妊娠初期(2〜4ヶ月) 2......
妊娠7〜8ヶ月の母体と胎児
妊娠中の経過期間は下記のように分けられています。 1.妊娠初期(2〜4ヶ月) 2......
妊娠中のお酒と喫煙
嗜好品のお酒やタバコは妊娠中に限らず度が過ぎると健康に害を及ぼすと言われています......
妊娠中の生活や家事
妊娠は病気ではありませんので、経過に異常がなければ、日々の生活は出来る限り普通に......
妊娠中の検査
妊娠中は経過に応じて受けるべき検査が様々あります。 そして、それは必ず受けるべき......
妊娠中の性生活
妊娠中の性生活は禁止というわけではありません。 しかし、回数を少なめにしたり、清......
妊娠中の薬剤の使用や予防接種
妊娠中には日々の生活の中で気をつけなければならない事が多くありますが、特に薬の服......
静脈瘤,下腿痙攣,立ちくらみ,貧血
妊娠中には、体に様々な変化が起こりがちです。 つわりや悪阻(おそ)、腰痛などはよ......
妊娠中の頻尿,便秘,痔
妊娠中におとずれる体調の変化について、一番よく言われるのがつわりや悪阻(おそ)、......

▲このページのトップへ