妊娠中の薬剤の使用や予防接種

妊娠中には日々の生活の中で気をつけなければならない事が多くありますが、特に薬の服用や放射線の照射には気をつけるようにしましょう。

スポンサードリンク

妊娠1ヶ月〜4ヶ月(0〜15週)の妊娠初期は器官形成期と言われます。
受精卵から胎芽(たいが)、そして胎児へ成長していく段階で様々な体の部位の基盤が作られ、それぞれの器官に分かれて人間としての形成がなされる時期です。
この時期に薬物を服用したり、放射線を浴びてしまうと胎児の発育に様々な障害が生じる場合があります。

また、この時期は「臨界期(りんかいき)」と呼ばれ、奇形の発生頻度がとても高くなります。
臨界期は妊娠2〜12週くらいまでを指します。

しかし、臨界期を過ぎると安全かと言われれば、決してそんな事はありません。
母親が摂取したものは胎盤を通じて胎児に移ってしまいます。
胎児の肝臓の働きは未熟ですので、解毒能力も低く、母体が服用してしまった薬剤の影響を一番受けやすいと言っていいでしょう。

妊娠中は催眠薬、鎮痛薬、ホルモン薬、抗生物質は避けましょう。
どうしても服用が必要な場合は必ず医師に相談するようにしましょう。

また、定期予防接種は予防接種施行規定により、妊娠中に接種できないものがあります。

・風疹
・ポリオ(急性灰白髄炎)
・麻疹

これらは生ワクチンを用います。
ですので妊娠全期間を通じて接種を控えるようにしましょう。

特に風疹の予防接種を受けた場合は、接種後2ヶ月間は避妊が必要です。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

妊娠届 出生届 出生証明書の届出
【妊娠届】 妊娠届は、母体やこれから生まれてくる赤ちゃんの健康を保護する事を目的......
妊娠1〜2ヶ月の母体と胎児
「出産予定日」は最終月経の初日から数えて280日を足した日として算出されます。 ......
妊娠3〜4ヶ月の母体と胎児
妊娠全期はその時期毎に下記のように分類されます。 1.妊娠初期(2〜4ヶ月) 2......
妊娠中の食事の注意点
妊娠中、お腹の中の赤ちゃんはお母さんの胎盤を通して栄養を受け取ります。 ですので......
出産育児一時金と低出生体重の届出
今日は出産後の「出産・育児一時金」と「低出生体重」の届出の事についてお話します。......
妊娠5〜6ヶ月の母体と胎児
妊娠はとても神秘です。 小さな小さな受精卵が十月十日を経て3000グラムあまりの......
妊娠後期の食事の注意点
胎児の発達は妊娠の後期に盛んになります。 この時期はつわりの時のような食欲不振に......
妊娠前期の食事の注意点
妊娠中は母親の体の中で大きな変化が起こっています。 妊娠していない時以上に食事は......
妊娠中に受ける検査
妊娠中は、妊娠の経過に伴い、様々な検査が行われます。 今日は妊娠中に受けるべき検......
妊娠9〜10ヶ月の母体と胎児
妊娠中の経過期間は下記のように分けられています。 1.妊娠初期(2〜4ヶ月) 2......
妊娠7〜8ヶ月の母体と胎児
妊娠中の経過期間は下記のように分けられています。 1.妊娠初期(2〜4ヶ月) 2......
妊娠中のお酒と喫煙
嗜好品のお酒やタバコは妊娠中に限らず度が過ぎると健康に害を及ぼすと言われています......
妊娠中の生活や家事
妊娠は病気ではありませんので、経過に異常がなければ、日々の生活は出来る限り普通に......
妊娠中の検査
妊娠中は経過に応じて受けるべき検査が様々あります。 そして、それは必ず受けるべき......
腹帯と妊娠
妊娠5ヶ月を過ぎると「腹帯(ふくたい)」を付けます。 戌の日の安産祈願の時などに......
妊娠中の性生活
妊娠中の性生活は禁止というわけではありません。 しかし、回数を少なめにしたり、清......
静脈瘤,下腿痙攣,立ちくらみ,貧血
妊娠中には、体に様々な変化が起こりがちです。 つわりや悪阻(おそ)、腰痛などはよ......
妊娠中の頻尿,便秘,痔
妊娠中におとずれる体調の変化について、一番よく言われるのがつわりや悪阻(おそ)、......

▲このページのトップへ