妊娠後期の食事の注意点

胎児の発達は妊娠の後期に盛んになります。
この時期はつわりの時のような食欲不振に見舞われる事もないので、栄養をしっかり取るようにしましょう。

スポンサードリンク

妊娠後期は、胎児の成長も考えて1日2150キロカロリー程度を摂取するのがよいでしょう。
栄養面でもタンパク質、カルシウム、鉄分などを十分取るように心がけましょう。
バランスの取れた食事は妊娠中毒症や貧血の予防につながります。
特にタンパク質は妊娠していない時期よりも80g程多く摂取するように心がけましょう。

タンパク質はたまごや肉、魚や牛乳などの動物性タンパク質を取ると鉄分の補給にもつながります。
レバーは鉄分の補給もでき、タンパク質も摂取する事ができるすばらしい食材です。
レバーは苦手だと言う人も多いですが、牛乳などにつけておいて血抜きをすると臭みも取れて食べやすいでしょう。
動物性タンパク質よりも、あっさり食べられる植物性タンパク質がいいと言う人には豆腐、油揚げ、厚揚げ、大豆製品などがお勧めです。

タンパク質、鉄分の他にカルシウムの摂取も忘れてはいけません。
牛乳、ヨーグルト、チーズなどの乳製品の他、小魚やひじきなどにも含まれています。
乳製品が苦手だと言う人にはそのまま食べたり飲んだりするよりは料理などに使用すると食べやすくなります。
ホワイトソースに牛乳を使ってグラタンを作ったり、シチューにしてもいいですね。

体重増加が気になる人は脂質や糖質の取りすぎには特に気をつけるようにしましょう。
普段調理をする時も余分な油の摂取を控える為に、フライパンをフッ素加工のものにして調理するとよいでしょう。
サラダにかけるドレッシングは油のとりすぎになるのでポン酢などで食べるといいでしょう。

むくみや妊娠中毒症の予防のために、塩分や水分の過剰な摂取も控えるようにしましょう。

コロッケやお好み焼きなどのソースは上からかけるのではなく、小皿にソースを入れて、そこにコロッケなどを少しだけ付けて食べるようにすると塩分の取りすぎを控えられます。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

妊娠届 出生届 出生証明書の届出
【妊娠届】 妊娠届は、母体やこれから生まれてくる赤ちゃんの健康を保護する事を目的......
妊娠1〜2ヶ月の母体と胎児
「出産予定日」は最終月経の初日から数えて280日を足した日として算出されます。 ......
妊娠3〜4ヶ月の母体と胎児
妊娠全期はその時期毎に下記のように分類されます。 1.妊娠初期(2〜4ヶ月) 2......
妊娠中の食事の注意点
妊娠中、お腹の中の赤ちゃんはお母さんの胎盤を通して栄養を受け取ります。 ですので......
出産育児一時金と低出生体重の届出
今日は出産後の「出産・育児一時金」と「低出生体重」の届出の事についてお話します。......
妊娠5〜6ヶ月の母体と胎児
妊娠はとても神秘です。 小さな小さな受精卵が十月十日を経て3000グラムあまりの......
妊娠前期の食事の注意点
妊娠中は母親の体の中で大きな変化が起こっています。 妊娠していない時以上に食事は......
妊娠中に受ける検査
妊娠中は、妊娠の経過に伴い、様々な検査が行われます。 今日は妊娠中に受けるべき検......
妊娠9〜10ヶ月の母体と胎児
妊娠中の経過期間は下記のように分けられています。 1.妊娠初期(2〜4ヶ月) 2......
妊娠7〜8ヶ月の母体と胎児
妊娠中の経過期間は下記のように分けられています。 1.妊娠初期(2〜4ヶ月) 2......
妊娠中のお酒と喫煙
嗜好品のお酒やタバコは妊娠中に限らず度が過ぎると健康に害を及ぼすと言われています......
妊娠中の生活や家事
妊娠は病気ではありませんので、経過に異常がなければ、日々の生活は出来る限り普通に......
妊娠中の検査
妊娠中は経過に応じて受けるべき検査が様々あります。 そして、それは必ず受けるべき......
腹帯と妊娠
妊娠5ヶ月を過ぎると「腹帯(ふくたい)」を付けます。 戌の日の安産祈願の時などに......
妊娠中の性生活
妊娠中の性生活は禁止というわけではありません。 しかし、回数を少なめにしたり、清......
妊娠中の薬剤の使用や予防接種
妊娠中には日々の生活の中で気をつけなければならない事が多くありますが、特に薬の服......
静脈瘤,下腿痙攣,立ちくらみ,貧血
妊娠中には、体に様々な変化が起こりがちです。 つわりや悪阻(おそ)、腰痛などはよ......
妊娠中の頻尿,便秘,痔
妊娠中におとずれる体調の変化について、一番よく言われるのがつわりや悪阻(おそ)、......

▲このページのトップへ