妊娠中の食事の注意点

妊娠中、お腹の中の赤ちゃんはお母さんの胎盤を通して栄養を受け取ります。
ですので、妊産婦はバランスのよい食事を心がけ、赤ちゃんの分まで栄養をとらなければなりません。

スポンサードリンク

栄養が偏ったり少ない場合ももちろん良くない事ですが、栄養過多も近年問題視されています。
カロリーだけにとらわれず、タンパク質や鉄分、カルシウムなどの栄養素をバランスよく過不足なく摂取する事が大切です。

ここで、妊娠中に気をつけるべき食事のポイントについてお話します。

1.バランスの良い食事を心がける。

妊娠初期はつわりがひどく、食欲も低下しがちです。
しかし、この時期、胎児はさほど成長しないのでそこまで栄養を必要としません。
神経質にならず、食べられるものを食べられる時に食べるようにしましょう。
体調が優れないと感じるこの時期は気持ちを楽にして、リラックスして乗り切るようにしましょう。
妊娠中期から後期は胎児の発達も著しくなります。
この時期はバランスの取れた食事を心がけるようにしましょう。

2.塩分の摂取を控える

塩分を取りすぎるとむくみや高血圧の原因になり、妊娠中毒症に繋がる場合があります。
妊娠中に限らず、塩分の摂取は1日7〜10g以下にするように心がけましょう。

3.たんぱく質、カルシウムを充分にとる

たんぱく質とカルシウムは胎児の発達にとても大切な栄養素です。
また、母体の健康維持にも欠かせません。
乳製品はたんぱく質とカルシウムを同時に取る事が出来る優れた食品です。

4.アルコールなどの嗜好品は控えめに

アルコールやカフェインの入った飲み物(コーヒー、紅茶、緑茶)は、胎児の成長に良いとは言えません。
量を控える、もしくは飲まないようにするのが好ましいでしょう。
また、たばこは早産や流産、もしくは胎児の障害に大きく関係します。
自分で吸わないのはもちろんの事、周りの人が吸う事によって浴びる煙の副流煙にも気をつけるようにしましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

妊娠届 出生届 出生証明書の届出
【妊娠届】 妊娠届は、母体やこれから生まれてくる赤ちゃんの健康を保護する事を目的......
妊娠1〜2ヶ月の母体と胎児
「出産予定日」は最終月経の初日から数えて280日を足した日として算出されます。 ......
妊娠3〜4ヶ月の母体と胎児
妊娠全期はその時期毎に下記のように分類されます。 1.妊娠初期(2〜4ヶ月) 2......
出産育児一時金と低出生体重の届出
今日は出産後の「出産・育児一時金」と「低出生体重」の届出の事についてお話します。......
妊娠5〜6ヶ月の母体と胎児
妊娠はとても神秘です。 小さな小さな受精卵が十月十日を経て3000グラムあまりの......
妊娠後期の食事の注意点
胎児の発達は妊娠の後期に盛んになります。 この時期はつわりの時のような食欲不振に......
妊娠前期の食事の注意点
妊娠中は母親の体の中で大きな変化が起こっています。 妊娠していない時以上に食事は......
妊娠中に受ける検査
妊娠中は、妊娠の経過に伴い、様々な検査が行われます。 今日は妊娠中に受けるべき検......
妊娠9〜10ヶ月の母体と胎児
妊娠中の経過期間は下記のように分けられています。 1.妊娠初期(2〜4ヶ月) 2......
妊娠7〜8ヶ月の母体と胎児
妊娠中の経過期間は下記のように分けられています。 1.妊娠初期(2〜4ヶ月) 2......
妊娠中のお酒と喫煙
嗜好品のお酒やタバコは妊娠中に限らず度が過ぎると健康に害を及ぼすと言われています......
妊娠中の生活や家事
妊娠は病気ではありませんので、経過に異常がなければ、日々の生活は出来る限り普通に......
妊娠中の検査
妊娠中は経過に応じて受けるべき検査が様々あります。 そして、それは必ず受けるべき......
腹帯と妊娠
妊娠5ヶ月を過ぎると「腹帯(ふくたい)」を付けます。 戌の日の安産祈願の時などに......
妊娠中の性生活
妊娠中の性生活は禁止というわけではありません。 しかし、回数を少なめにしたり、清......
妊娠中の薬剤の使用や予防接種
妊娠中には日々の生活の中で気をつけなければならない事が多くありますが、特に薬の服......
静脈瘤,下腿痙攣,立ちくらみ,貧血
妊娠中には、体に様々な変化が起こりがちです。 つわりや悪阻(おそ)、腰痛などはよ......
妊娠中の頻尿,便秘,痔
妊娠中におとずれる体調の変化について、一番よく言われるのがつわりや悪阻(おそ)、......

▲このページのトップへ